実績紹介

TOP > 実績紹介 > 後遺障害事前認定14級ケースを12級相当で勝訴的和解

2011/03/28(Mon)[ 交通事故 ]

後遺障害事前認定14級ケースを12級相当で勝訴的和解

 先日、事前認定では14級相当とされた交通事故の被害者の方の事例で、訴訟を提起して、後遺障害を中心に的確に主張と証拠を積み上げて12級相当での和解を獲得することができました。この結果、当初の相手方の見解から見て大幅な増額を獲得することができたと思います。

 神経症状が主訴の場合、当該後遺障害等級が14級になるか、12級になるかの判断は他覚的所見を裏付ける画像などの証拠があるかどうかによるのですが、その区別は実は実態にそぐわない場合がかなりあります。画像などで神経症状が裏付けられたかどうかと、実際に被害者の方が感じる痛みとは相関関係がないと思うのです。ですから、画像上神経障害が確認されなくても、非常に激しい痛みを感じている人もかなりいらっしゃると思います。

 神経症状は本来被害者がどのような痛みを感じて、どれだけ日常生活上の不都合を感じているかが後遺障害の程度の決め手となるはずですが、痛みを客観的に測ることができないために、画像などによる裏付けにより、区別をしているのだと思います。しかしながら、画像の裏付けがあっても因果関係がかけるとして、自賠責の調査事務所では後遺障害等級をもらえないというケースもあります。

 もっとやっかいなのがいわゆる経年変化です。無症候性のヘルニアになっている場合があり、それが事故で顕在化した場合に後遺傷害と言って良いのか、その方のもっている素因として減額の対象となるのかは非常に大きな問題になることが多いと思います。

 本件は、画像での裏付けがあるのに、因果関係を否定されていたケースでした。自賠責調査事務所で認定をされなかったとしてもすぐに諦める必要はないと思います。諦める前に一度相談してください。

ページ上部へ戻る

無料相談 無料法律相談 お電話でのご相談 TEL:011-261-3170 法律の事でお悩みの方や、もしかして…と思ったら、まずはお気軽にご相談下さい。 WEBからのご相談はこちら 無料法律相談フォーム

【札幌の弁護士 高橋智法律事務所 取扱事件】

  • 医療事故・医療過誤(患者側)
  • 交通事故(人身・物損・加害者側・被害者側両方)
  • 離婚・相続問題
  • 欠陥住宅・建築瑕疵問題

一般民事事件全般

  • 任意整理
  • 過払い問題
  • 過払金請求
  • 遺産分割
  • 成年後見人申立
  • 失踪宣告
  • 各種事故に伴う慰謝料等損害賠償
  • 養育費請求
  • 夫婦関係調整
  • 不動産関係トラブル
  • 仮差押事件
  • 著作権・特許などの知的財産関係
  • 私選の刑事事件