Sammy'sダイアリー

TOP > Sammy'sダイアリー > 離婚事件のアドバイス・・・有利な時期と不利な時期

2020/03/08 (Sun)

離婚事件のアドバイス・・・有利な時期と不利な時期

P6164486.jpegのサムネール画像


 離婚を望む側にとってみれば、離婚をできるだけ早くしたいと考えます。当然でしょう。
 一方、離婚を望まない側は、離婚の時期をできるだけ先延ばしにしたいと考える。これも当然でしょう。

 婚姻関係が破綻していて、一方が有責配偶者でない場合、調停のレベルでは、離婚を望まない側はかなり有利です。離婚を拒絶すれば良いからです。
 離婚の実現までには、かなりの時間を要するため先延ばしにしても大きな問題はないように思えると思います。婚姻費用も継続してもらえます。
 しかし、調停が終了し、離婚訴訟になり、離婚の判決が下りそうになると立場は逆に不利になってしまいます。

 逆の立場から言うと、離婚を望む側は、調停レベルでは、離婚を早くしたいので、相手方に有利な条件を提示する必要があるためかなり苦しいのですが、開き直りができれば、有利な立場になります。

 すなわち、有責配偶者ではない当事者同士で、長年別居しているなどの事情があり、婚姻破綻が明らかな事案では、お互いの立場がグラフで言えば、Xで描ける状態になっています。そのXの中心ポイントこそ、和解のポイントということになります。

 このXの交わるポイントを互いに逃がさないことが大切です。これを見誤ると、時間的、経済的に大きなロスを甘受することになりかねません。そのポイントを逃さないためには弁護士のアドバイスが必要と思います。
 
 


*** 応援してくださいね。!!  ロゴをワンクリックお願いします。ブログ選手権出場中。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



***

弁護士ドットコムに当職事務所の基本情報や解決事例、料金などの説明を掲示してもらうことにしました。https://www.bengo4.com/hokkaido/a_01100/g_01101/l_134000/



  • 取扱分野と得意分野
  • 実績紹介
  • 弁護士費用
  • 法律の豆知識
  • 法律無料相談
  • よくある質問 Q&A

Sammy'sダイアリー MENU

カレンダー
カテゴリー
最近の記事
月別の記事
  • 法律無料相談受付中
  • 医療訴訟の相談から受任までの流れと費用について
  • 医療事故相談専用フォーム
  • 【キャリア25】高橋智弁護士の主な解決実例
ページ上部へ戻る
  • 各種無料相談
  • 医療事故相談

【札幌の弁護士 高橋智法律事務所 取扱事件】

  • 医療訴訟・医療事故・医療過誤(患者側)
  • 交通事故(人身・物損・加害者側・被害者側両方)
  • 離婚・相続問題
  • 欠陥住宅・建築瑕疵問題

一般民事事件全般

  • 任意整理
  • 過払い問題
  • 過払金請求
  • 遺産分割
  • 成年後見人申立
  • 失踪宣告
  • 各種事故に伴う慰謝料等損害賠償
  • 養育費請求
  • 夫婦関係調整
  • 不動産関係トラブル
  • 仮差押事件
  • 著作権・特許などの知的財産関係
  • 私選の刑事事件