Sammy'sダイアリー

TOP > Sammy'sダイアリー > 【交通事故・被害者・過失相殺】動いていた車同士の接触事故ならかなず過失相殺適用となるのか。

2020/05/27 (Wed)

【交通事故・被害者・過失相殺】動いていた車同士の接触事故ならかなず過失相殺適用となるのか。


 質問

 直進していて交差点にさしかかったところ、右後方から車両が車線変更をしてきてぶつかりました。相手方は、お互いの車両が動いてるから過失相殺の適用があるとして譲りません。本当でしょうか。


 答え

 交通事故では、弁護士特約の広まりから軽微案件でも、訴訟となるケースが増えています。一方の車両が停止していて、一方が動いているという場合には、100対0ということが多いので、過失割合については余りもめないのですが、お互い車が動いているという事案では、加害者側からお互い注意義務違反があるから過失相殺の適用があるとして、減額を求められるケースも多いようです。

 結論から言えば、双方の車が動いていたら過失相殺されるということは一概には言えません。例えば、平行して走行している車両の一台が車線変更をいきなりしてきてぶつかってきた本件のような案件では、過失相殺が適用されないと思います。「双方の車が動いていたら過失相殺される」という理屈は、よく耳にはしますが、そのようなことが全ての事例で適用されるという訳ではありません。

 安易に主張を受け入れることはやめ、弁護士に相談すべきです。"

 解決
 訴訟を提起して、無過失を勝ち取りました。



***

弁護士ドットコムに当職事務所の基本情報や解決事例、料金などの説明を掲示してもらうことにしました。https://www.bengo4.com/hokkaido/a_01100/g_01101/l_134000/


*** 応援してくださいね。!!  ロゴをワンクリックお願いします。ブログ選手権出場中。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ



  • 取扱分野と得意分野
  • 実績紹介
  • 弁護士費用
  • 法律の豆知識
  • 法律無料相談
  • よくある質問 Q&A

Sammy'sダイアリー MENU

カレンダー
カテゴリー
最近の記事
月別の記事
  • 法律無料相談受付中
  • 医療訴訟の相談から受任までの流れと費用について
  • 医療事故相談専用フォーム
  • 【キャリア25】高橋智弁護士の主な解決実例
ページ上部へ戻る
  • 各種無料相談
  • 医療事故相談

【札幌の弁護士 高橋智法律事務所 取扱事件】

  • 医療訴訟・医療事故・医療過誤(患者側)
  • 交通事故(人身・物損・加害者側・被害者側両方)
  • 離婚・相続問題
  • 欠陥住宅・建築瑕疵問題

一般民事事件全般

  • 任意整理
  • 過払い問題
  • 過払金請求
  • 遺産分割
  • 成年後見人申立
  • 失踪宣告
  • 各種事故に伴う慰謝料等損害賠償
  • 養育費請求
  • 夫婦関係調整
  • 不動産関係トラブル
  • 仮差押事件
  • 著作権・特許などの知的財産関係
  • 私選の刑事事件