Q&A

TOP > Q&A > ネット検索したのですが、弁護士が沢山いてどの弁護士を選んだら良いか判りません。賢い選び方を教えてください。

2013/08/04(Sun)

ネット検索したのですが、弁護士が沢山いてどの弁護士を選んだら良いか判りません。賢い選び方を教えてください。


 確かに、弁護士が大幅に増えています。札幌でも毎年50名以上の弁護士が増えています。札幌弁護士会に所属している弁護士も現在630名前後もいます。

 ウェブサイトも多くの弁護士が公開しています。弁護士を選択する基準が、弁護士報酬の安さや土・日、夜間面談など相談のしやすさなど明確なものがあれば、悩むことはありませんね。しかし、自分の抱えている問題をより適切に解決しようとするとなると良い弁護士を選ぶ必要があります。

 ネット検索上位にランキングされている→良い事務所→自分の問題解決に適している事務所だということにはなりません。ある程度時間の自由や蓄えがあって、弁護士を選ぶ余裕があるのであれば、ウェブサイトでその弁護士の事案解決に向けたコンセプトや手法を読み取ることをお勧めします。そして、できればウェブサイトで選んだ事務所に電話をかけて、実際に弁護士と面談相談してみることをお勧めします。
 複数の弁護士が所属している事務所では、どの弁護士が担当者となるのかも見極めたいですね。

 面談時に重要なのは、自分の問題をどのような方法、アプローチで解決してくれるのかと言うことです。 実は、弁護士の問題解決のための手法は、全く違います。交通事故でも、医療事故でも、相続でも、離婚でもそれは同じです。例えば、交通事故なら訴訟での解決を念頭におくか、あくまでも示談解決を念頭におくか、離婚では、徹底的に抗戦するか、妥協していくか・・・いろいろな戦術があります。法律問題は、勝負事という一面があります。どういう結論をどのような方法で目指すのかは、プロ野球の監督と同じで、事務所毎で全く違うのです。しかし、その違いは、ウェブサイトの表面だけを見ているだけでは絶対に判りません。ウェブサイトを深く読んだ上で、実際に弁護士に会ってみる必要があります。

 選んだ弁護士とはかなり深く、長く付き合うことになります。どの弁護士を選ぶかは、かなり重要な選択です。特に、人生の岐路に立っている方にとっては人生を左右するような問題でしょう。だから、じっくり考えて選ぶことは大切なことです。

 ただ、矛盾したように聞こえるかも知れませんが、話していて信頼できると感じるかどうかという印象もかなり大事です。人間は見た目や感性で重要な判断が出来る能力を持っているものです。どの弁護士が自分に適していると感じるかは実はその方のこれまで培ってきた感性や人生観などに大きく左右されるとも言えます。■

 要するに、できれば、よりよい解決を図ろうと思うなら、労を惜しまず、実際に弁護士にあってみて、その弁護士の話を聞いて、その内容、印象でじっくり選択することが大切だと思います。

ページ上部へ戻る
  • 各種無料相談
  • 医療事故相談

【札幌の弁護士 高橋智法律事務所 取扱事件】

  • 医療事故・医療過誤(患者側)
  • 交通事故(人身・物損・加害者側・被害者側両方)
  • 離婚・相続問題
  • 欠陥住宅・建築瑕疵問題

一般民事事件全般

  • 任意整理
  • 過払い問題
  • 過払金請求
  • 遺産分割
  • 成年後見人申立
  • 失踪宣告
  • 各種事故に伴う慰謝料等損害賠償
  • 養育費請求
  • 夫婦関係調整
  • 不動産関係トラブル
  • 仮差押事件
  • 著作権・特許などの知的財産関係
  • 私選の刑事事件