弁護士費用

TOP > 弁護士費用

相談料は原則無料です

 高橋智法律事務所では、まず、お電話で弁護士が自らお話をして、事案を把握させていただいています。そして、簡単なアドバイス程度で終了する場合であれば、無料でアドバイスをさせていただいて終了しています。
 面談が必要な場合には、事務所にお越し願って相談となりますが、相談後引き続き事件をご依頼していただけた場合も相談だけで終了する場合も、基本的に料金をいただいておりません。
 複雑な法律問題で相当の相談時間や調査を要した場合で、相談だけで終了した場合には、相談料(1時間当たり5,000円程度)をいただいております。

ご依頼された場合の費用

相談後、依頼をされる場合の費用は、以下の通りです。

着手金と報酬金

 着手金とは、依頼後、仕事に取りかかる時にご請求するもので、依頼者の言い分を書面でまとめて法廷に提出する、証拠資料を収集するなどの弁護活動の対価の前払い金の性質を持ちます。仮に依頼者側が裁判で負けて結果的に利益が無かった場合にも、あるいは途中で解約となっても、返還はできかねます。
 報酬金とは、事件終了時にご請求し、弁護士の活動によって依頼の目的が達成された場合、達成の度合いに応じて請求する成功報酬のことです。不成功の場合に請求することはありません。
 一般訴訟の場合の着手金と成功報酬は下記の一覧を参照ください。
 なお、家事調停・民事調停・示談交渉の場合には、標準額の3分の2程度まで減額することが可能となっております。

経済的利益の価格
(万円)
着手金(円) 報酬金(円)
標準額 増減許容額 標準額 増減許容額
100 100,000 100,000〜104,000 160,000 112,000〜208,000
200 160,000 112,000〜208,000 320,000 224,000〜416,000
300 240,000 168,000〜312,000 480,000 336,000〜624,000
400 290,000 203,000〜377,000 580,000 406,000〜754,000
500 340,000 238,000〜442,000 680,000 476,000〜884,000
600 390,000 273,000〜507,000 780,000 546,000〜1,014,000
700 440,000 308,000〜572,000 880,000 616,000〜1,144,000
800 490,000 343,000〜637,000 980,000 686,000〜1,274,000
900 540,000 378,000〜702,000 1,080,000 756,000〜1,404,000
1,000 590,000 413,000〜767,000 1,180,000 826,000〜1,534,000
種類 着手金 報酬金
離婚問題 離婚・親権争いの場合 30万円 30万円
慰謝料など金銭争いの場合 30万円~50万円 30万円+
金銭的受給額がある場合は
上記一覧表の報酬額

実費費用

 裁判制度を利用するために、裁判へ納める費用(印紙代、切手代)がかかります。なお、印紙代は、相手方に請求する金額によって定められています。これは着手金・報酬とは別途となります。

鑑定費用

 医師、不動産鑑定士などの専門家に鑑定をしてもらう特別な場合に、その鑑定人に支払う費用です。これは着手金・報酬とは別途となります。

旅費・日当

 弁護士が地方の裁判所に出向いたりする場合などにかかる旅費および日当となります。

その他、弁護士費用について不明な点がございましたら、その都度ご相談ください。

分野別費用の解説

 医療事故案件では、事件の難易度などに応じて証拠保全・事案検討を金30万~50万円でお引き受けしています。訴訟に移行する場合には、着手金の追加はありません。正規の料金となると、非常に着手金が高額となり、請求を断念してしまう方々が多いからです。できるだけ、このような泣き寝入りを減らそうと思ってのことです。
 ただし、訴訟に移行するのは、確実に勝訴できるという見込みが当方にたった場合のみとお考え下さい。ただし、その場合でも、鑑定費用や実費などがかかります。

 医療事故案件では、着手金を極力低額に抑えているので、その分を考慮して、一律、成功した場合に報酬として相手方病院からの給付額の30%をお支払いいただいております。示談であろうと、調停であろうと、訴訟であろうと、医療事故の難易に変わりはなく、訴訟にせずに解決した方が成功の度合いが高いとも言えるからです。
 なお、相手方が医療事故の責任を最初から認めている場合には、25%ないし20%まで減額しています。損害額だけが問題となるとしても、医療訴訟であることには変わりなく、因果関係で相当深刻な争いとなることがあるからです。

 交通事故事件は、保険会社から確実に賠償金が支払われることから、着手金はゼロでスタートしています。また、交通事故の場合、郵券代・交通費・文書取寄費用・訴訟印紙代などが実費としてかかります。訴訟になりますと、カルテ類・レントゲン類などの複製を作るとなると、ある程度の金額が必要となります。報酬金は、請求額を基には計算しません。
 あくまでも、保険会社の提示額分と請求額との増加額の差額、すなわち弁護介入して増加した金額の20%が原則です。
 最近は保険会社の提示額がない段階で依頼されることもありますが、その場合には、保険会社からの提示は自賠責保険額とほぼ等しいので、同金額からの差額分の20%です。
 なお、医療問題がらみ等で非常に難易な交通事故事例が増えています。この場合には、25%とさせていただいています。

 離婚の場合、養育費問題、財産分与問題などを含めて、事件の難易、財産分与額、慰謝料額の多寡により、一律50万〜30万円で受任しています。ただし、財産分与額が非常に高い場合や、相手方の性格に問題がある場合などの特殊な案件は、料金をご相談させていただいています。
 離婚が成立した場合、報酬金は着手金と同額程度の金額をお支払いいただきます。また、それに付随して、相手方から給付があった場合には給付額、相手方からの請求額を減殺することができたら減額幅に応じて一般事件と同様の着手金・財産分与の計算をして精算をすることになります。

 相続財産の金額に応じて、一般事件と同様の定め方をします。なお、審判までいたらず、調停で終了する場合には、一般事件の3分の2まで減額をすることが可能です。

 なかなか返してくれない貸金の回収や逆に返済を求められた債務者側の相談、連帯保証人としての責任を求められてしまった場合など、さまざまな金銭にまつわる問題の相談を承っております。
 弁護士費用は、債権者の側では相手方に対する請求額、債務者の側の相談では相手方からの請求額が弁護士費用の基準となり、料金表によって算出します。

 借地・借家関係のトラブル、高額な不動産の売買を巡るトラブルなどの相談を承っています。
 弁護士費用は、不動産の取引価格、時価評価などを基準として、弁護士費用を算出します。

費用にまつわるQ&A
弁護士費用に消費税はかかりますか。
かかります。
着手金をクレジットで支払えますか
欧米では可能のようですが、日本ではできません。
着手金を分割にしてもらえますか。
原則として分割には応じていませんが、例外として確実な収入がある場合などは分割に応じています。なお、分割を希望される方が多い債務整理の最低分割金は3万円と設定しており、分割金が全額完納しない限り、裁判所への申請などはしておりません。
訴訟を起こし、敗訴したら相手方が依頼した弁護士の弁護士費用を支払う必要がありますか?
日本では弁護士費用は「自分の分は自分で負担する」のが原則です。ただ、例外的に不法行為訴訟(交通事故などが典型)は、自分の損害の1割分を相手方から弁護士費用としてとれるという判例法が確立しています。相手方がどんなに高額の弁護士費用を払っていようと、当方には関係のないことです
  • 取扱分野と得意分野
  • 実績紹介
  • 弁護士費用
  • 法律の豆知識
  • 法律無料相談
  • よくある質問 Q&A
  • 法律無料相談受付中
  • 医療事故相談専用フォーム
  • 【キャリア25】高橋智弁護士の主な解決実例
ページ上部へ戻る
  • 各種無料相談
  • 医療事故相談

【札幌の弁護士 高橋智法律事務所 取扱事件】

  • 医療事故・医療過誤(患者側)
  • 交通事故(人身・物損・加害者側・被害者側両方)
  • 離婚・相続問題
  • 欠陥住宅・建築瑕疵問題

一般民事事件全般

  • 任意整理
  • 過払い問題
  • 過払金請求
  • 遺産分割
  • 成年後見人申立
  • 失踪宣告
  • 各種事故に伴う慰謝料等損害賠償
  • 養育費請求
  • 夫婦関係調整
  • 不動産関係トラブル
  • 仮差押事件
  • 著作権・特許などの知的財産関係
  • 私選の刑事事件